読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Il faut cultiver notre jardin

近世フランス史研究に関するブログです。新刊情報などをまとめています。

【新刊】2017年4-5月

浅田進史「歴史学のなかの若手研究者問題―課題と提言―」『歴史評論』804、2017年4月。

小田中直樹、帆刈浩之(編)『世界史/いま、ここから』山川出版社、2017年4月28日。

宮澤溥明『著作権の誕生 フランス著作権史』太田出版、2017年4月。
http://www.ohtabooks.com/publish/2017/04/21195243.html

アンジェリカ・グデン(譲原晶子訳)『演劇・絵画・弁論術:一八世紀フランスにおけるパフォーマンスの理論と芸術』筑波出版会、2017年4月中旬。

ジョナサン・イスラエル(森村敏己訳)『精神の革命:ラディカルな啓蒙主義者と現代民主主義の知的起源』みすず書房、2017年6月20日。

J・ダインダム(大津留厚、小山啓子、石井大輔訳)『ウィーンとヴェルサイユ:ヨーロッパにおけるライバル宮廷 1550~1780』刀水書房、2017年4月。

ルシオ・デ・ソウザ(岡美穂子訳)『大航海時代の日本人奴隷』中央公論新社、2017年4月20日予定。

J・H・エリオット(立石博高、竹下和亮訳)『歴史ができるまで トランスナショナル・ヒストリーの方法』岩波現代全書、2017年5月。

歴史学研究会編『歴史を社会に活かす 楽しむ・学ぶ・伝える・観る』東京大学出版会、2017年5月下旬。
http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-023073-5.html

ラース・マグヌソン(玉木俊明訳)『重商主義の経済学』知泉書院、未定。

ジュール・ミシュレ(桐村泰次訳)『フランス史【中世】Ⅵ』論創社、2017年5月19日刊行予定。

『思想』2017年5月号 特集「政治思想史における近代」、岩波書店、2016年4月26日。