読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Il faut cultiver notre jardin

近世フランス史研究に関するブログです。新刊情報などをまとめています。

【時事】フランソワ・オランド大統領のフリーメイソン生誕300周年記念式典への出席

フランス史 フリーメイソン史 時事

2月27日、フランソワ・オランド大統領は、パリ9区カデ通り16番地にあるフランス大東方会(Grand Orient de France)を訪れました。フランス大東方会とは、1773年に発足したフランス最大のフリーメイソン統轄組織(obédience)です*1。大統領の訪問の目的は、フリーメイソン団の生誕300周年を記念する式典に参加することです。今年は、1717年にフリーメイソン最初の統轄組織であるロンドン大会所(Grand Lodge of London)が設立されてからちょうど300年目にあたります。


在職中の大統領のフランス大東方会への訪問は初めてであり、フランス・フリーメイソン史にとって歴史的な出来事であるといえそうです。オランド大統領は、フランス大東方会館内にある博物館を館長ピエール・モリエによって案内されたのち、式典に集まる17のフリーメイソン団体の代表者たちをまえに演説を行いました。およそ25分間におよぶ演説は、フランス共和国の諸価値の思想家、とりわけライシテの推進者・擁護者としてフリーメイソンを称賛するものです。演説の動画は大統領官邸によってDailymotionで公開されています。


Visite du musée de la franc-maçonnerie par elysee

この演説のなかで、オランドは、今日の第五共和政の基礎を築いたとされる第三共和政期に採択された様々な自由に関する法律(特に1905年の政教分離法)が、ほとんどすべてが会所(ロッジ)のなかで準備されたと評価しています*2

フランス大東方会は、なぜ大統領を記念式典に招待したのでしょうか。詳しいことは分かりませんが、Le Figaro誌によれば、昨年11月頃に大統領とフランス大東方会会長(Grand Maître)クリストフ・アバ(Christophe Habas)の会談をきっかけに今回の訪問が決定されたようです。
こうした動きの背景として、フランス大東方会が、昨年8月25日に会長に選出されたクリストフ・アバの指導のもと、中絶や同性婚、安楽死をめぐる議論において政治的影響力を発揮するカトリック教会や、排外主義を公然と掲げる極右政党「国民戦線(Front National)」に対して批判的な姿勢を強めていることが指摘されています。また、フランス大東方会が、自由・平等・友愛といった共和国の諸価値やライシテの擁護者を自任してきたことはよく知られていますが、混迷を極める大統領選を前にして、フランスの政治的・社会的危機に応答しようとしているのかもしれません。任期満了を迎えるオランドは、大統領選の公約として、政教分離の原則を憲法に加えることを掲げていましたので、実現はされませんでしたが、今回の招待は、そうした大統領を顕彰する意図があったのかもしれません*3。反対に、公約が実現できなかったオランドにとっては、今回の訪問はライシテに対する彼の立場を再度表明する機会であったのかもしれません。

いずにせよ、大統領選への影響は限定的であろうと見られています。実際、ユダヤ=フリーメイソンの陰謀論を信じ、伝統的にフリーメイソンに敵対してきた極右の一部が反発していることを除けば、市民の間では、オランド大統領については、彼が毎月の散髪代に日本円で100万円を超える金額を投じていたことばかりが話題になっているようです。オランドが今年5月に予定されている大統領選に出馬しないという異例の選択をしたことで、今回の訪問の実現が可能になったと言えるかもしれません。このタイミングなら過度の注目や批判を集めるおそれがないからです。

追記:公開後、加筆修正しました。

参考ウェブサイト
François Hollande en visite chez les Francs-Maçons
Visite de François Hollande au siège du Grand Orient de France: Pourquoi le Président est-il allé chez les francs-maçons?
Grand Orient de France : la visite de François Hollande est un "hommage"
Pourquoi François Hollande a rendu visite aux francs-maçons
Quand François Hollande fait l'éloge de la franc-maçonnerie
Une visite sans précédent sous la Ve république : un président chez les francs-maçons
http://blogs.lexpress.fr/lumiere-franc-macon/2017/02/27/hollande-rend-hommage-aux-francs-macons/

*1:フリーメイソン用語の訳については、ピエール=イヴ・ボルペール『「啓蒙の世紀」のフリーメイソン』(深沢克己編訳、山川出版社、2009年)巻末の用語集を参照した。

*2:第三共和政とフランス大東方会とのイデオロギー的・人的な蜜月関係について日本語で読めるものとしては、工藤庸子『宗教 vs. 国家 ― フランス〈政教分離〉と市民の誕生』(講談社現代新書、2008年)が挙げられます。

*3:ちなみに、オランドは大統領に当選するまえにも、候補者として2011年11月にもフランス大東方会を訪れていたそうです。