Il faut cultiver notre jardin

近世フランス史・フリーメイソン史研究に関するブログです。新刊情報などをまとめています。

【新刊】2016年9-10月

秋田茂・永原陽子・羽田正・南塚信吾・三宅明正・桃木至朗(編著)『「世界史」の世界史』ミネルヴァ書房、2016年。http://www.minervashobo.co.jp/book/b217326.html

石橋正孝・倉方健作『あらゆる文士は娼婦である 19世紀フランスの出版人と作家たち』白水社、2016年10月。
http://www.hakusuisha.co.jp/book/b243681.html

上垣豊、三時眞貴子、隠岐さや香「『学問の共和国』を読む: 科学史・知識社会史・教育史の視点から」『科学史研究』2016年10月号 No.279、256-267頁。

工藤庸子『評伝 スタール夫人と近代ヨーロッパ フランス革命とナポレオン独裁を生きぬいた自由主義の母』東京大学出版会、2016年10月予定。http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-010131-8.html

中野智世・前田更子・渡邊千秋・尾崎修治(編)『近代ヨーロッパとキリスト教 カトリシズムの社会史』勁草書房、2016年10月。http://www.keisoshobo.co.jp/book/b244731.html

服部春彦「書評 松浦義弘著『フランス革命とパリの民衆 : 「世論」から「革命政府」を問い直す』」『史学雑誌』125(9)、2016年、1613-1622頁。

渡辺優『ジャン=ジョゼフ・スュラン』慶応義塾大学出版会、2016年10月。

ドミニク・カリファ『犯罪・捜査・メディア 19世紀フランスの治安と文化』梅澤礼訳、法政大学出版局、2016年。http://www.h-up.com/books/isbn978-4-588-01049-1.html

カルロ・ギンズブルグ『ミクロストリアと世界史』上村忠男編訳、みすず書房、2016年。http://www.msz.co.jp/topics/08545/

トバイアス・スモレット(根岸彰訳)『フランス・イタリア紀行』鳥影社、2016年10月。http://www.choeisha.com/pub/books/54816.html

ブレーズ・バコフェン(三浦信孝訳)「ルソーの政治思想における戦争論 : 戦争するとは何をすることか?」『思想』1109、2016年、34-55頁。

リン・ハント『グローバル時代の歴史学』長谷川貴彦訳、岩波書店、2016年10月予定。

プーフェンドルフ『自然法にもとづく人間と市民の義務』前田俊文訳、京都大学学術出版会、2016年9月上旬。http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=2126

『ライプニッツ著作集第II期[2]法学・神学・歴史学』工作舎、2016年9月30日予定。http://www.kousakusha.co.jp/NEWS/weekly20160830.html

ロバート・ルイス・ウィルケン(大谷哲・小坂俊介・津田拓郎・青柳寛俊訳)『キリスト教一千年史』上・下、白水社、2016年

谷口良生「(書評)François DUBASQUE et Éric KOCHER-MARBŒUF (dir.),Terres d’élections: Les dynamiques de l’ancrage politique, 1750-2009」『史林』99巻5号(2016年9月)、717-723頁。