Il faut cultiver notre jardin

近世フランス史・フリーメイソン史研究に関するブログです。新刊情報などをまとめています。

【文献メモ】 フランス史学史

佐藤彰一「19世紀フランスの歴史学と歴史教育」『19世紀学研究』(4)、2010年、3-12頁。

竹岡敬温「『アナール』学派の方法について:『事件』概念の再検討と政治史の復権」『社會經濟史學』59(1)、1993年、71-87頁。

竹岡敬温「『社会経済史年報』の創刊:『アナール』と二人の創始者」『經濟史研究』1、1997年、21-37頁。
http://www.osaka-ue.ac.jp/research/nikkeisi/lab/contents/01.html

渡辺和行「フランス実証主義史学成立の背景」『香川法学』5(4)、1986年、47-72頁。
http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/517

渡辺和行「フランス実証主義史学の成立とガブリエル・モノー」『香川法学』6(4)、1987年、39-78頁。
http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/533

渡辺和行「一九世紀末フランス史学を見る眼について」『香川法学』7(2)、1987年、57-72頁。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000062522

渡辺和行「世紀転換期フランスの史学論争 (1)」『香川法学』7(3/4)、 1988年、397-435頁。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000587992

渡辺和行「世紀転換期フランスの史学論争 (2)」『香川法学』 8(2)、 1988年、47-78頁。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000062543

渡辺和行「歴史学の危機と『アナール』: 21世紀の社会史に向けて」『奈良女子大学文学部研究教育年報』3、 2007年、49-62頁。
http://nwudir.lib.nara-wu.ac.jp/dspace/handle/10935/704