読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Il faut cultiver notre jardin

近世フランス史・フリーメイソン史研究に関するブログです。新刊情報などをまとめています。

【新刊本】 2015年5-9月

アンソニー・グラフトン(ヒロ・ヒライ監修、福西亮輔訳)『テクストの擁護者たち:近代ヨーロッパにおける人文学の誕生』勁草書房、2015年。

M・P・コズマン(加藤恭子、山田敏子訳)『ヨーロッパの祝祭と年中行事』原書房、2015年。

ドミニク・シュナペール(中嶋洋平訳)『市民の共同体: 国民という近代的概念について』法政大学出版局、2015年5月。

ヴァンサン・デュクレール(大嶋厚訳)『ジャン・ジョレス 1859‐1914――正義と平和を求めたフランスの社会主義者』吉田書店、2015年9月刊行予定 
http://www.yoshidapublishing.com/pg660.html

ジェラール・ノワリエル(大中一彌他訳)『フランスという坩堝』法政大学出版局、2015年9月刊行予定。http://www.h-up.com/books/isbn978-4-588-01032-3.html

フランソワ・フュレ(浜田道夫・木下誠訳)『歴史の仕事場』藤原書店、2015年。
http://www.fujiwara-shoten.co.jp/shop/index.php?main_page=product_info&products_id=1445

アンドルー・ペティグリー(桑木野幸司訳)『印刷という革命 ルネサンスの本と日常生活』白水社、2015年。

クリスチャン・ヨプケ(伊藤 豊・長谷川一年・竹島博之訳)『ヴェール論争: リベラリズムの試練』法政大学出版局、2015年。

ギヨーム=トマ・レーナル(大津真作訳)『両インド史 西インド篇/上巻』法政大学出版局、2015年9月刊行予定。
http://www.h-up.com/books/isbn978-4-588-15058-6.html

メアリー・ルイーズ・ロバーツ(佐藤文香・西川美樹訳)『兵士とセックス――第二次世界大戦下のフランスで米兵は何をしたのか?』明石書店、2015年。

杉崎泰一郎『修道院の歴史 聖アントニオスからイエズス会まで』創元社、2015年。
http://www.sogensha.co.jp/booklist.php?act=details&ISBN_5=20339

杉本淑彦・竹中幸史編著『教養のフランス近現代史』ミネルヴァ書房、2015年。
https://www.minervashobo.co.jp/book/b186383.html

服部春彦『文化財の併合:フランス革命とナポレオン』知泉書館、2015年7月。
http://www.chisen.co.jp/book/book_shosai/2015/211-3.html

歴史学研究会編『歴史学と、出会う-41人の読書経験から-』青木書店、2015年5月。