読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Il faut cultiver notre jardin

近世フランス史研究に関するブログです。新刊情報などをまとめています。

【新刊論文】2015年1-3月

新刊

一ノ瀬佳也「『市場』の自由化と『世論』の相克:安藤裕介『商業・専制・世論:フランス啓蒙の「政治経済学」と統治原理の転換』を読んで」『立教法学』90、2014年、282-291頁。
https://rikkyo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=10803
安藤裕介「書評に応えて:フィジオクラットの統治論補遺――」『立教法学』90、2014年、265-281頁。
https://rikkyo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=10804

伊丹一浩「書評 小田中直樹著『19世紀フランス社会政治史』」『歴史と経済』 57(2)、2015年、61-63頁。
小田中直樹「東アジアの西洋史学と『グローバル・ヒストリー』」『思想』No.1091、2015年3月
http://www.iwanami.co.jp/shiso/1091/kotoba.html
平井正人「フランス革命期における学問分野の再編: タレーラン案からコンドルセ案への移行」『哲学・科学史論叢』17、2015年、145-172頁。
UTokyo Repository: フランス革命期における学問分野の再編 : タレーラン案からコンドルセ案への移行
古城毅「商業社会と代表制、多神教とデモクラシー(五・完)バンジャマン・コンスタンの近代世界論とフランス革命論」『国家学会雑誌』127(11・12)、 2014年、922-984頁。
ヴァンサン・デュクレール「19世紀転換期フランスにおけるスピノザの思想と民主的知識人の誕生」『思想』No.1091、2015年3月、92-116頁。