読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Il faut cultiver notre jardin

近世フランス史研究に関するブログです。新刊情報などをまとめています。

【新刊】河原・池上(編)『中近世ヨーロッパにおける兄弟会』東京大学出版会

河原温・池上俊一(編)『ヨーロッパ中近世の兄弟会』東京大学出版会、2014年10月6日

内容紹介:「ヨーロッパ中近世を生きた人々は、共通の守護聖人を信じる俗人の宗教的社団=兄弟会を通して、水平的な相互扶助の関係を築いていた。本書は、イタリア、フランスをはじめ広範な地域に展開した兄弟会の多様性を明らかにし、中近世の社会的絆のかたちを探る。新たなヨーロッパ中近世史像をめざす、比類のない包括的研究。」

Amazon.co.jp: ヨーロッパ中近世の兄弟会: 河原 温, 池上 俊一: 本

目次

総説 信心・慈愛・社会的絆――ヨーロッパ中近世の兄弟会へのアプローチ
第1章 イタリア(米田潔弘)
第2章 フランス(池上俊一・坂野正則)
第3章 ドイツ・スイス(長谷川恵・鍵和田賢)
第4章 ネーデルラント(河原 温)
第5章 イギリス(佐々井真知・唐澤達之)
第6章 スペイン(関 哲行)
第7章 地中海から日本へ(川村信三)
あとがき


関連論文
鍵和田賢「近世ドイツ兄弟団研究の現状と課題」『西洋史論集』 (12) 2009年、27-54頁
http://ci.nii.ac.jp/naid/120001469162
河原温「信心・慈愛・社会的絆--中・近世ヨーロッパにおける兄弟団(コンフラタニティ)の機能と役割をめぐって(シンポジウム 中・近世の地中海世界と日本--confraternitas(信心会・兄弟会)を鍵言葉にして)」『地中海研究所紀要』(4)、2006年、67-77頁。
http://ci.nii.ac.jp/naid/40007371886