読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Il faut cultiver notre jardin

近世フランス史研究に関するブログです。新刊情報などをまとめています。

【講演会】「来るべき一般意志:法・主体・フランス革命」(2014年3月15日・立教大学)

立教大学文学部文学科フランス文学専修主催
公開講演会「来るべき一般意志:法・主体・フランス革命」
が2014年3月15日に開催されるそうです。
以下、立教大学HPより転載。

 

現在啓蒙思想研究・政治思想史研究において最も注目されている「一般意志」概念をめぐって、17世紀までさかのぼり、さらにはフランス革命後の受容(「概念史」)をも考察の対象としながら、新たな解釈の提示を目指す。

日時 2014年3月15日(土)10:00~18:00
場所 池袋キャンパス マキムホール(15号館)2階 M202教室
講師 佐藤 淳二 氏(北海道大学大学院文学研究科教授)
逸見 龍生 氏(新潟大学人文学部准教授)
王寺 賢太 氏(京都大学人文科学研究所准教授)
辻部 大介 氏(福岡大学人文学部准教授)
上田 和彦 氏(関西学院大学法学部教授)
森元 庸介 氏(東京外国語大学非常勤講師)
桑瀬 章二郎(本学文学部教授)
廣瀬 浩司 氏(筑波大学人文社会科学研究科准教授)
吉岡 知哉(本学総長)
対象者 本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料
内容
開会 10:00
開会の辞 吉岡 知哉(本学総長)
趣旨説明

【I部】 10:30~12:45
『一般意志の生成:主体と主権から政治的権威へ』

《司会》
王寺 賢太 氏(京都大学人文科学研究所准教授)

意志の拘束―マルブランシュから
森元 庸介 氏(東京外国語大学非常勤講師)

専政君主にはなぜ「主権」が存しないのか? ― 『法の精神』と(不在なる)一般意志
辻部 大介 氏(福岡大学人文学部准教授)

〈意志〉論の神学・政治的布置 ― ディドロ執筆項目「政治的権威」におけるパウロ解釈
逸見 龍生 氏(新潟大学人文学部准教授)

【II部】 14:10~15:45
『一般意志、来るべきひとつの存在論』

《司会》
吉岡 知哉(本学総長)

「はじまり」のアポリア―『社会契約論』と『エミール』
桑瀬 章二郎(本学文学部教授)

来るべき一般意志:切断と連続
佐藤 淳二 氏(北海道大学大学院文学研究科教授)

【III部】 16:00~17:45
『出来事としての一般意志』

《司会》
廣瀬 浩司 氏(筑波大学人文社会科学研究科准教授)

「一般意志」の構成:ディドロ晩年の政治的著作における「諸意志の協調」と議会・公論・歴史
王寺 賢太 氏(京都大学人文科学研究所准教授)

「自由」への意志と恐怖政治―ロベスピエールと「絶対的自由」
上田 和彦 氏(関西学院大学法学部教授)

全体討論・総括
 
 
問合せ先 学部事務1課(文学部担当) TEL:03-3985-2530