読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Il faut cultiver notre jardin

近世フランス史研究に関するブログです。新刊情報などをまとめています。

【新刊】2017年4月

小田中直樹/帆刈浩之(編)『世界史/いま、ここから』山川出版社、2017年4月28日。宮澤溥明『著作権の誕生 フランス著作権史』太田出版、2017年4月。 http://www.ohtabooks.com/publish/2017/04/21195243.htmlルシオ・デ・ソウザ(岡美穂子訳)『大航海時…

【新刊】2017年3月

伊東剛史、後藤はる美編『痛みと感情のイギリス史』東京外国語大学出版会、2016年3月31日。岡部造史『フランス第三共和政期の子どもと社会:フランス第三共和政期の子どもと社会』昭和堂、2017年3月30日。http://www.showado-kyoto.jp/book/b279776.html小田…

【新刊】2017年1-2月

ジェラール・ノワリエル(舘葉月訳)『ショコラ:歴史から消し去られたある黒人芸人の数奇な生涯』集英社インターナショナル、2017年1月6日。 http://www.shueisha-int.co.jp/archives/3825ピエール・ブルデュー(坂本さやか・坂本浩也訳)『男性支配』藤…

【新刊】2016年11-12月

朝治啓三、渡辺節夫、加藤玄編著『〈帝国〉で読み解く中世ヨーロッパ 英独仏関係史から考える』ミネルヴァ書房、2016年。http://www.minervashobo.co.jp/book/b251259.html屋敷二郎『フリードリヒ大王 祖国と寛容』山川出版社、2016年。https://www.yamakawa…

【新刊】2016年9-10月

秋田茂・永原陽子・羽田正・南塚信吾・三宅明正・桃木至朗(編著)『「世界史」の世界史』ミネルヴァ書房、2016年。http://www.minervashobo.co.jp/book/b217326.html石橋正孝・倉方健作『あらゆる文士は娼婦である 19世紀フランスの出版人と作家たち』白水…

【新刊】ヌルミネン『才女の歴史』

マルヨ・T・ヌルミネン『才女の歴史:古代から啓蒙時代までの諸学のミューズたち』(日暮雅通訳、東洋書林、2016年) http://www.toyoshorin.co.jp/detail.php?isbn=9784887218239

【メモ】ロジェ・シャルチエの翻訳と解説

小林亜子・荒川敏彦「知識社会学とアナール派歴史学の対話にみる新たな「社会-文化史」の可能性--ロジェ・シャルチエ「インテレクチュアル・ヒストリーと史--軌跡の再評価」読解」埼玉大学教養学部編『埼玉大学紀要』38(1)、2002年、1-58頁。 小林亜子・荒川…

【近刊】羽田正編『グローバルヒストリーと東アジア史』

羽田正編『グローバルヒストリーと東アジア史』(東京大学出版会、2016年3月下旬)目次 序 新しい世界史/グローバル化ヒストリーとは何か(羽田 正) 第1部 新しい世界史/グローバルヒストリーの方法 1 新しい世界史と地域史(羽田 正) 2 グローバルヒストリー…

【新刊】マニング『世界史をナビゲートする』

パトリック・マニング(南塚信吾・渡邊昭子監訳)『世界史をナビゲートする 地球大の歴史を求めて』彩流社、2016年3月。 http://www.ohmura-books.jp/bd/isbn978-4-7791-2217-0.html

【新刊】『新しく学ぶ西洋の歴史』

南塚伸吾・秋田茂・高澤紀恵(編)『新しく学ぶ西洋の歴史―アジアから考える』(ミネルヴァ書房、2016年) http://www.minervashobo.co.jp/book/b165820.html