Il faut cultiver notre jardin

フランス近世史・革命史・フリーメイソン史研究に関するブログです。新刊情報などをまとめています。

[新刊]2019年3月

[新刊]2019年1月

  • 松浦義弘「フランス革命をどう考えればよいのか : 拙著に関する服部春彦氏の批判をふまえて」『史学雑誌』128(1)、2019年、53-64頁。
  • ミシェル・ヴォヴェル(立川孝一・瓜生洋一訳)『死とは何か (上)一三〇〇年から現在まで』藤原書店、2019年1月25日発売予定
  • ジョン・ロバートソン(林直樹・野原慎司訳)『啓蒙とはなにか 忘却された〈光〉の哲学』白水社、2019年2月。
  • 社会思想史学会編『社会思想史事典』丸善出版、2019年1月。

[新刊]2018年9-12月

  • 小笠原弘幸『オスマン帝国』中公新書、2018年12月。
  • 小田中直樹『フランス現代史』岩波新書、2018年11月予定。
  • 上條敏子「女性の身体 : フランスの女性史研究の歩みとダンの近著にみる歴史学の最前線」『歴史評論』(824)、2018年、72-83頁。
  • 桑木野幸司『記憶術全史 ムネモシュネの饗宴』講談社選書メチエ、2018年12月予定。
  • 近藤和彦『近世ヨーロッパ』山川出版社、2018年12月予定。
  • 坂野正則「近世フランスの植民都市とカリブ海域 : アンティル諸島とミシシッピ・デルタをつなぐ「都市と領域」」『都市史研究』5号、2018年、76-84頁。
  • 坂野正則「『ルイ14世の死』再考: 300周年記念事業と映画制作を越えて」『上智史学』 (63)、 2018年11月、123-139 頁。
  • 坂野正則「フランス初期宗教改革再考 : 改革・教会・信仰 」『キリスト教史学』(72)、2018年、44-52頁。
  • 薩摩真介『<海賊>の大英帝国』講談社選書メチエ、2018年11月予定。
  • 佐藤彰一『宣教のヨーロッパ 大航海時代のイエズス会と托鉢修道会』 中公新書、2018年11月予定。
  • 平正人「フランス革命を生きた新聞記者カミーユ・デムーラン」『史潮』新84号、2018年、141-164頁。
  • 玉木俊明『拡大するヨーロッパ世界 1415-1914』知泉書館、2018年11月20日。
  • 中嶋洋平『サン=シモンとは何者か――科学、産業、そしてヨーロッパ』吉田書店、2018年12月20日刊行予定。
  • 見瀬悠「十八世紀フランスにおける外国人遺産取得権―パリ・サン=ジェルマン=デ=プレ地区の事例からー」『史学雑誌』 127(9)、2018年、1-35頁。
  • 山内邦雄「十六世紀前半におけるフランス王国財政の転機 : 財務官僚ジャック・ドゥ・ボーヌの事例を通して」三田史学会『史學』87(4)、 2018年、473-516頁。
  • 山﨑耕一『フランス革命 「共和国」の誕生』刀水書房、2018年10月。
  • 山中聡「フランス総裁政府期の国民祭典」『西洋史学』265号、2018年、22-38頁。
  • ユルゲン・コッカ(山井敏章訳)『資本主義の歴史 起源・拡大・現在』人文書院、2018年12月。
  • アラン・コルバン(小倉孝誠、中川真知子訳)『静寂と沈黙の歴史 ルネサンスから現代まで』藤原書店、2018年11月。
  • ゼバスティアン・コンラート(浅田進史訳)「グローバル・ヒストリーのなかの啓蒙(下)」『思想』 (1134)、2018年10月、93-115頁。
  • ウィリアム・バンガート『イエズス会の歴史(上)・(下)』中公文庫、2018年9月。
  • C. A. ベイリ(平田雅博・吉田正広・細川道久訳)『近代世界の誕生(下巻)グローバルな連関と比較1780-1914』名古屋大学出版会、2018年。
  • ウーテ・フレーフェルト(櫻井文子訳)『歴史の中の感情 失われた名誉/創られた共感』東京外国語大学出版会、2018年11月。
  • アントワーヌ・リルティ(松村博史・井上櫻子・齋藤山人訳)『セレブの誕生 「著名人」の出現と近代社会』名古屋大学出版会、2018年。

2018年6-8月

  • アラン・コルバン(山田登世子、小倉孝誠訳)『処女崇拝の系譜』藤原書店、2018年
  • アン・ブレア(住本規子、廣田篤彦、正岡和恵訳)『情報爆発-初期近代ヨーロッパの情報管理術』中央公論新社、2018年8月17日予定。
  • アンリ・ピレンヌ(佐々木克己訳)『中世都市 社会経済史的試論』ちくま学芸文庫、2018年9月予定。
  • 金澤周作「(西洋史読書会シンポジウム)西洋史における時代区分をめぐって」『フェネストラ : 京大西洋史学報』1、2018年、22-23頁。
  • 坂野正則「フランス初期宗教改革再考 : 改革・教会・信仰 (宗教改革500年記念特集) (第68回キリスト教史学会大会)」『キリスト教史学』72、 2018年、44-52頁。
  • 西願 広望「フランス革命期の植民地主義者 : 事例研究マルエとバルベ=マルボワ」『日仏歴史学会会報』 33、2018年、 3-17頁。
  • 服部春彦「<論説・動向>フランス革命・ナポレオン期ヨーロッパにおける美術品の移動とその影響」『フェネストラ : 京大西洋史学報』 1、2018年、1-3頁

2018年4-5月

  • 大平章『ノルベルト・エリアスの全体像 フィギュレーション理論の探究』成文堂、2018年5月。
  • 坂倉裕治 ・隠岐さや香 ・松波京子 「名古屋大学所蔵『エミール』パリ版初版本について」『名古屋大学附属図書館研究年報』15、2018年3月31日、13-17頁。
  • 上田泰史『パリのサロンと音楽家たち 19世紀の社交界への誘い』カワイ出版、2018年4月。
  • 加藤節『ジョン・ロック 神と人間との間』岩波新書、2018年5月。
  • 菊池雄太「ハンザ商人の事業組織をめぐってーネットワーク論と制度論の限界と可能性ー」『歴史と経済』
  • パトリス・ゲニフェイ編( 神田順子・谷口きみ子訳)『王たちの最期の日々』(上・下)原書房、2018年。
  • アルフレート・ハーフェルカンプ(大貫俊夫ほか訳)『中世共同体論 ヨーロッパ社会の都市・共同体・ユダヤ人』柏書房、2018年5月。
  • デイヴィッド・ベル(桑子亮ほか訳)「トゥサン・ルヴェルチュール、ハイチ革命、グローバルな啓蒙」『クリオ』32号、2018年。
  • 東出 加奈子『海港パリの近代史:セーヌ河水運と港』晃洋書房、2018年。

[新刊]2018年3月

  • 安藤祐介「18世紀フランスにおける統治改革と中国情報 : フィジオクラットからイデオローグまで」『立教法学』98、2018年、1-19頁。
  • ジュヌヴィエーヴ アルティガス=ムナン「18世紀の小説と思想論争」首都大学東京人文科学研究科人文学報編集委員会『人文学報, フランス文学』514(15)、2018年、11-30頁。
  • 榎本 恵子「ヘラクレスに象徴されるルイ14世」首都大学東京人文科学研究科 人文学報編集委員会『人文学報, フランス文学』514(15)、2018年、309-325頁。
  • 岡村等「フランス革命期における反結社法の役割に関する研究(2・完)」『早稻田法学会誌』 68(2)、2018年、53-108頁。
  • 伊達聖伸『ライシテから読む現代フランス:政治と宗教のいま』岩波新書、2018年3月。
  • 剣持久木編『越境する歴史認識 ヨーロッパにおける「公共史」の試み』岩波書店、2018年3月。
  • 空由佳子「啓蒙期フランスにおける自由主義的な改革と地域社会:ボルドー地方長官区の事例」『東洋大学人間科学総合研究所紀要』20号、2018年、113-128頁。
  • 竹中幸史「空間の脱宗教化と世俗化ーフランス革命期の地名変更」『東欧史研究』40、 2018年3月、153-164頁。
  • 田中大二郎「フランス近代思想における習俗と自然法 : ジャン・バルベイラックの「習俗に関する学science des moeurs」」『一橋大学社会科学古典資料センター年報』38、2018年、1-15頁。
  • 仲松優子「フランス革命前後の主権のあり方を考える―歴史学からのアプローチ―」( 佐藤貴史・仲松優子・村中亮夫編『はじめての人文学―文化を学ぶ、世界と繋がる―』知泉書館 2018年3月)
  • 長谷川まゆ帆『近世フランスの法と身体:教区の女たちが産婆を選ぶ』東京大学出版会、2018年3月。
  • 逸見龍生編『百科全書の時空:典拠・生成・転位』法政大学出版局、2018年3月。
  • 松浦義弘『ロベスピエール:世論を支配した革命家』山川出版社、2018年3月。
  • 森原隆編『ヨーロッパの政治文化史 統合・分裂・戦争』成文堂、2018年3月。
  • エマニュエル・ド ヴァレスキエル(土居佳代子訳)『マリー・アントワネットの最期の日々』上・下、原書房、2018年。