読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Il faut cultiver notre jardin

近世フランス史研究に関するブログです。新刊情報などをまとめています。

[作業道具]フランスの文書館所蔵資料の横断検索ポータル「France Archives」

フランスの文書館に所蔵された数百万の文書を全国横断的に検索できる新しいポータル・サイト「France Archives」の運用が始まったそうです。
francearchives.fr

関連記事
[作業道具]近世フランス史研究に役立つウェブサイト集 - Il faut cultiver notre jardin

[時事]フランスのフリーメイソン団体が大統領選を前に異例の声明

2017年4月13日、フランスの七つのフリーメイソン統轄団体が、十日後に予定されているフランス大統領選の第一回投票をまえに、極右政党「国民戦線(FN)」が擁立する候補者マリーヌ・ルペンに投票しないよう呼びかけるという、異例の共同声明を発表しました。
以下、主にリベラシオン誌の記事に依拠しながら、簡単に概要を紹介したいと思います*1

この声明に署名した統轄団体は、フランス大東方会(Grand Orient de France)、フランス人権連盟(Fédération française du Droit humain)、フランス女性大会所(Grande Loge féminine de France GLFF)、メンフィス・ミスライム女性大会所(Grande Loge féminine de Memphis Misraïm)、フランス男女混成大会所(la Grande Loge mixte de France)、世界男女混成大会所(Grande Loge mixte universelle)、諸文化と精神性大会所(la Grande Loge des cultures et de la spiritualité)です*2
これら七つの統轄団体は、現在、およそ12万の会員を擁しており、これはフランスのフリーメイソン人口の半分か、それ以上にあたるといわれています*3

今回出された声明は、人種差別や排外主義といった「他者への憎悪」を掻き立てるFNのこれ以上の台頭を防ぐために、普遍的な人類愛を理想として掲げるフリーメイソン団の立場を確認しながら、共和国の創立理念と共生の価値を思い起こさせ、責任ある投票行動を促す目的で発表されたようです。声明は、各団体に所属するメイソン会員の投票行動を拘束するものではないみたいですが、実際にメイソンの投票にどれくらいの影響力があるのでしょうか。また、社会の側は、フリーメイソンのこうした声明をどう受け止めるのでしょうか。気になるところです。
ちなみに、七つの団体のなかには、政治的中立の原則を例外的に破ってまで声明に参加した団体もありますが、これをきっかけに公的な政治的論争に介入するつもりはないようです。

それにしても混迷を極めるフランス大統領選、どのような結果になるのでしょうか。

追記
フランス大東方会の公式ウェブサイトでの記事です。
GODF - Grand Orient de France - Sept Obédiences maçonniques lancent un Appel Républicain pour les élections présidentielles - 13 avril 2017

4月23日の第一回投票の結果を受け、フランス大東方会は、エマニュエル・マクロンへの投票を呼びかけました。
GODF - Grand Orient de France - Communiqué du 24 avril 2017 - Le Grand Orient de France appelle à faire barrage à l'extrême droite

関連記事
フランソワ・オランド大統領のフリーメイソン生誕300周年記念式典への出席 - Il faut cultiver notre jardin

*1:Les francs-maçons lancent un appel républicain... anti-FN - Libération

*2:日本におけるフリーメイソン史研究の第一人者である深沢克己氏に従い、ロッジを「会所」と訳していますが、これらの団体名の訳にはブログ著者の試訳が含まれます。フリーメイソン用語の訳については、ピエール=イヴ・ボルペール『「啓蒙の世紀」のフリーメイソン』(深沢克己編訳、山川出版社、2009年)収録の用語集を参照しました。

*3:ちなみにリベラシオンは12万でしたが、その他の新聞ではおよそ9万とする記事が多いようでした

【新刊】2017年4-5月

浅田進史「歴史学のなかの若手研究者問題―課題と提言―」『歴史評論』804、2017年4月。

小田中直樹、帆刈浩之(編)『世界史/いま、ここから』山川出版社、2017年4月28日。

宮澤溥明『著作権の誕生 フランス著作権史』太田出版、2017年4月。
http://www.ohtabooks.com/publish/2017/04/21195243.html

アンジェリカ・グデン(譲原晶子訳)『演劇・絵画・弁論術:一八世紀フランスにおけるパフォーマンスの理論と芸術』筑波出版会、2017年4月中旬。

ジョナサン・イスラエル(森村敏己訳)『精神の革命:ラディカルな啓蒙主義者と現代民主主義の知的起源』みすず書房、2017年6月20日。

J・ダインダム(大津留厚、小山啓子、石井大輔訳)『ウィーンとヴェルサイユ:ヨーロッパにおけるライバル宮廷 1550~1780』刀水書房、2017年4月。

ルシオ・デ・ソウザ(岡美穂子訳)『大航海時代の日本人奴隷』中央公論新社、2017年4月20日予定。

J・H・エリオット(立石博高、竹下和亮訳)『歴史ができるまで トランスナショナル・ヒストリーの方法』岩波現代全書、2017年5月。

歴史学研究会編『歴史を社会に活かす 楽しむ・学ぶ・伝える・観る』東京大学出版会、2017年5月下旬。
http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-023073-5.html

ラース・マグヌソン(玉木俊明訳)『重商主義の経済学』知泉書院、未定。

ジュール・ミシュレ(桐村泰次訳)『フランス史【中世】Ⅵ』論創社、2017年5月19日刊行予定。

『思想』2017年5月号 特集「政治思想史における近代」、岩波書店、2016年4月26日。

フランソワ・オランド大統領のフリーメイソン生誕300周年記念式典への出席

2月27日、フランソワ・オランド大統領は、パリ9区カデ通り16番地にあるフランス大東方会(Grand Orient de France)を訪れました。フランス大東方会とは、1773年に発足したフランス最大のフリーメイソン統轄組織(obédience)です*1。大統領の訪問の目的は、フリーメイソン団の生誕300周年を記念する式典に参加することです。今年は、1717年にフリーメイソン最初の統轄組織であるロンドン大会所(Grand Lodge of London)が設立されてからちょうど300年目にあたります。

*1:フリーメイソン用語の訳については、ピエール=イヴ・ボルペール『「啓蒙の世紀」のフリーメイソン』(深沢克己編訳、山川出版社、2009年)巻末の用語集を参照した。

続きを読む

【新刊】2017年3月

伊東剛史、後藤はる美編『痛みと感情のイギリス史』東京外国語大学出版会、2017年3月31日。

遠藤泰生『近代アメリカの公共圏と市民』東京大学出版会、2017年。

岡部造史『フランス第三共和政期の子どもと社会:フランス第三共和政期の子どもと社会』昭和堂、2017年3月30日。http://www.showado-kyoto.jp/book/b279776.html

小田中直樹(編訳)『歴史学の最前線:〈批判的転回〉後のアナール学派とフランス歴史学』法政大学出版局、2017年3月20日。

小田中直樹『ライブ・経済史入門 経済学と歴史学を架橋する』勁草書房、2017年3月。
http://www.keisoshobo.co.jp/book/b280721.html

杉本隆司『民衆と司祭の社会学:近代フランス〈異教〉思想史』白水社、2017年3月25日。

深井智朗『プロテスタンティズム:宗教改革から現代政治まで』中公新書、2017年3月21日。

平田雅博、原聖(編著)『帝国・国民・言語:辺境という視点から—』三元社、2017年3月

T・キューネ/B・ツィーマン編(中島浩貴/今井宏昌/柳原伸洋/伊藤智央/小堤盾/大井知範/新谷卓/齋藤正樹/斉藤恵太/鈴木健雄訳)『軍事史とは何か』(原書房、2017年)

ダグラス・C・ノース他『暴力と社会秩序』NTT出版、2017年3月。

ヘイドン・ホワイト(上村忠男編訳)『歴史の喩法 ホワイト主要論文集成』作品社、2017年3月。http://www.sakuhinsha.com/history/26351.html

ピエール・ロザンヴァロン/嶋崎正樹訳『カウンター・デモクラシー 不信の時代の政治』岩波書店、2017年3月。

嶋中博章「書評 佐々木真著『ルイ14世期の戦争と芸術 : 生みだされる王権のイメージ』」『西洋史学』(262)、2016年、184-186頁。

牟田和男「魔女観念と都市の司法―近世アルザス帝国都市の魔女裁判から―」『ヨーロッパ文化史研究(東北学院大学ヨーロッパ文化総合研究所)』第18号、2017年、97-123頁。

【新刊】2017年1-2月

ジェラール・ノワリエル(舘葉月訳)『ショコラ:歴史から消し去られたある黒人芸人の数奇な生涯』集英社インターナショナル、2017年1月6日。
http://www.shueisha-int.co.jp/archives/3825

ピエール・ブルデュー(坂本さやか・坂本浩也訳)『男性支配』藤原書店、2017年1月20日。

ソニア・O・ローズ(長谷川貴彦、兼子歩訳)『ジェンダー史とは何か』法政大学出版局、2017年1月。

宇野木めぐみ『読書する女たち:十八世紀フランス文学から』藤原書店、2017年1月20日。

野村悠里『書物と製本術:ルリユール/綴じの文化史』みすず書房、2017年2月24日。

山田俊弘『ジオコスモスの変容 デカルトからライプニッツまでの地球論』勁草書房、2017年2月.

笠原賢介『ドイツ啓蒙と非ヨーロッパ世界:クニッゲ、レッシング、ヘルダー』未来社、2017年2月。

杉本宗子「一九世紀中葉フランス植民地拡大における海港都市マルセイユ商人の役割」『史林』100(1)=521、2017年、40-73頁。

深沢克己『マルセイユの都市空間』刀水書房、2016年2月以降。

ジョー・グルディ&D.アーミテイジ著(平田雅博・細川道久訳)『これが歴史だ!―21世紀の歴史学宣言』刀水書房、2016年2月以降。

山内志郎『情念と表象可能性:ハビトゥスと情念』リベルタス出版、近刊。
http://www.libertas-pub.com/common/data/978_4_905208_06_8.html

E.A.リヴィングストン編(木寺廉太訳)『オックスフォード キリスト教辞典』教文館、2017年1月。
http://www.kyobunkwan.co.jp/publishing/archives/18203

フェリックス・ラヴェッソン(杉山直樹/村松正隆訳)『十九世紀フランス哲学』知泉書館、2017年1月。
http://www.chisen.co.jp/book/b279318.html

ピーター・マクフィー『ロベスピエール』(高橋暁生訳、白水社、2017年2月24日予定)
http://www.hakusuisha.co.jp/book/b278934.html

淵田仁「ルソーにおける「歴史家」の問題:『エミール』における歴史家のフィギュールについて」『日本フランス語フランス文学会関東支部論集』25号

槇原茂「書評 工藤光一著『近代フランス農村世界の政治文化 : 噂・蜂起・祝祭』」『史学雑誌』126、2017年、83-89頁。

【新刊】2016年11-12月

朝治啓三、渡辺節夫、加藤玄編著『〈帝国〉で読み解く中世ヨーロッパ 英独仏関係史から考える』ミネルヴァ書房、2016年。http://www.minervashobo.co.jp/book/b251259.html

池本今日子「フランス大革命から亡命ヘ : 「君主制派」ジャン=ジョゼフ・ムーニエ氏の憲法案」『西洋史論叢』(早稲田大学西洋史研究会)38、2016年12月、109-125頁。

屋敷二郎『フリードリヒ大王 祖国と寛容』山川出版社、2016年。https://www.yamakawa.co.jp/product/35055

桂秀行「南フランスの農奴制(3)」『愛知大学経済論集』202、2016年、147-148頁。

佐藤彰一『贖罪のヨーロッパ 中世修道院の祈りと書物』中公新書、中央公論新社、2016年。

永井隆則 (編)『〈場所〉で読み解くフランス近代美術』三元社、2016年。

森井裕一編著『ドイツの歴史を知るための50章』明石書店、2016年10月31日。http://www.akashi.co.jp/book/b252631.html

『思想』2016年11月号「音と声の歴史学」
http://www.iwanami.co.jp/shiso/1111/shiso.html

『史苑』77(1)(特集)外国史家が読み解く:近代日本のヒストリオグラフィー

アラン・コルバン、ジャン=ジャック・クルティーヌ、ジョルジュ・ヴィガレロ 監修『男らしさの歴史 Ⅰ 男らしさの創出 古代から啓蒙時代まで』小倉孝誠、岑村傑、鷲見洋一 訳、藤原書店、2016年11月発売予定。

リンダ・コリー(中村裕子、土平紀子訳)『虜囚』法政大学出版局、2016年12月予定。
http://www.h-up.com/books/isbn978-4-588-37125-7.html

ロドニー・スターク(櫻井康人訳)『十字軍とイスラーム世界 神の名のもとに戦った人々』新教出版社、2016年。
http://www.shinkyo-pb.com/2016/10/12/post-1262.php

フィリップ・セリエ(支倉崇晴・支倉寿子訳)『聖書入門』 (講談社選書メチエ) 、講談社、2016年12月10日。

フランソワ=ジョセフ・ルッジウ/高澤紀恵、竹下和亮編『都市・身分・新世界』山川出版社、2016年。
https://www.yamakawa.co.jp/product/47509

ミシェル・ロクベール(武藤 剛史訳)『異端カタリ派の歴史:十一世紀から十四世紀にいたる信仰、十字軍、審問』講談社選書メチエ、2016年。http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062585026

大学の歴史教育を考える会(編)『わかる・身につく 歴史学の学び方』大月書店、2016年。http://www.otsukishoten.co.jp/book/b252495.html

上垣豊「近代フランスにおける大学と権力」『史潮』新80号、2016年、18-34頁。

谷口良生「フランス第三共和政前期(1870-1914年)における議会活動:常任委員会制度の導入に見る議会活動の規範と議員の専門職化」『西洋史学』261、2016年、40-59頁。

津田拓郎「トゥール・ポワティエの戦いの「神話化」と8世紀フランク王国における対外認識」『西洋史学』261、2016年、1-20頁。

早川理穂「書評 松浦義弘『フランス革命とパリの民衆 : 「世論」から「フランス革命」を問い直す』」『史潮』新80号、2016年、

深沢克己「書評 ヘルムート・ラインアルター著、増谷英樹・上村敏郎訳・解説『フリーメイソンの歴史と思想 : 「陰謀論」批判の本格的研究』『史潮』新80号、2016年、137-142頁。

増田都希「家内統治書」としての18世紀後半フランスの「作法書」: テーマ・著者群・読者像」『西洋史学』261、2016年、60-71頁。

安酸香織「近世エルザスにおける帝国等族とフランス王権 : 十帝国都市をめぐる紛争と調停の事例から(1648-79)」『西洋史研究』45(72)、2016年、25-47頁。

鈴木重周「ドレフュス事件期の反ユダヤ主義とジャーナリズム——ナントの日刊紙『ロワールの灯台』をめぐって」『日本フランス語フランス文学会 関東支部論集』26号、2016年。